運動で痛みのないカラダをつくる(サトーコンディショニング)

慢性的な腰痛、肩こり、膝痛でお悩みの人を筋トレと整体で救いたい

シニアの方がよくならないと意味がない!?

f:id:satotrainer:20200212095231j:plain

こんにちは!
動けるなら70代の熟女にもジャンプトレーニングをさせる
スパルタトレーナーのさとうです。

 

店舗時代はアスリートも訪れる
平均年齢30歳代のトレーニングをさせる治療院でした。

 

こんな平均年齢が若い治療院はまずありませんでした。

 

そんな中でもポツリポツリと60代70代80代の
女性クライアントさんがいらっしゃいました。

どちらが治りがよかったか?
と、どちらかといえばシニアの方々・・・。

「ウソ!アスリートの方が若いし治りがいいやん?」
と、普通の方なら思うのも当然ですね。

 

でもアスリートは練習を休んでくれません。
最近の市民ランナーさんもそうですが
練習をしながら痛みを誤魔化してしまいます。

 

だからシーズンがオフにならないと
思うように治らないことが多いです。

シニアの方はコリや痛みにフォーカスして
リハビリトレーニングをしますので
ちゃんと通ってくれる方は
日常生活が困らないくらいにはなります。

 

*余談になりますがトレーナーで有名になるのは
どうやらが作用してます。

詳しく書くと長くなるので割愛しますが
腕などの実力よりも「ハロー効果」が作用します。

ハロー効果 - Wikipedia

 

トップアスリートご用達の治療院!

なんてのがHPなどのトップに掲載されて
写真がのっていると、それだけで
スゴイ治療院」と一般の方ならなるでしょ?。

私が治療院のHPをつくるときも
SEO対策は有名人を使うとより効果的!

なんてことで
有名だったプロレスラーやタレントが
治療院に派遣されて施術をうけ
院長とインタビューの様子をHPにI掲載する!

 

と、いう内容だったが即効お断りした。

 

実力勝負じゃい!
と、粋がっていましたが実際には患者さんを
紹介してくれるクライアントさんは少なかった。

 

それよりも
「〇〇さんが最近元気になった」
「なんか〇〇が近頃姿勢がよくなってひきしまった」
なんてのを見て調べてウチヘ来る!
という変な治療院でした。

 

そんな中で有名トレーナーの治療院へいったが
ちっともよくならないし説明もない。

有名トレーナーの本やDVDをみてやったが
かえって腰が痛くなった。


という人もけっこう訪れた。

 

なので試しに有名トレーナーのセミナーへいくと
最初は3千円でちょっとエクササイズの講習をして
詳しく知りたい人は1千万円ホントは頂きたいところ
半年100万円で達人になれます!

 

なんていうセミナーが多かった。

 

実際にトップアスリートも利用しているのですから
結局は自分に合うところであればOKということですね。

 

でもやっぱりアスリートとシニアをくらべれば
練習しながらではなく、リハビリを中心にしたとき
治りが良いのはシニアより若いアスリートですよね。

 

シニアでも最近はマラソンしている人が多いですが
当然シニアですので故障しやすい。

でも怪我を勲章みたいにして痛みを押して
走行距離を求めている人があまりに多い。

 

で、レースで不本意なタイムに終わると
「練習量が足りませんでした」なんて書いてる。

 

足りないのはオツムかもしれません。

 

さて店舗時代は若い人が中心でした。

 

店舗を閉め数名のクライアントさんだけ残して
フリーになってからは顧客が入れ替わりながら
50代、60代、70代、80代と固定してきました。

 

店舗時代から売り上げも3分の1になってしまった。

 

けど諸経費がない分は変らない。

フィジカルの高いアスリートをみるのは結構簡単。

腰痛や五十肩を持つシニアを若いときに近づける!

 

旧車をレストアして元気に走らせるのに似ているかな。

youtu.be

 

動画は有名整体院に肩関節周囲炎で長いこと通っていた75歳女性。
肩を動かさないこと!という指導に不安を感じて紹介で私のとこへ。

 

肩だけみてくれるのかと思いきや
全身くまなくトレーニングさせられ最初は抵抗あったみたい。

 

しかも公共施設や公園でのコンディショニング。

 

肩も痛くなったり和らいだりで不信感は高まっていたようです。


しかーし、だんだんいろんな運動ができるようになると
いまは逆上がりまでできるようになりました。
肩もいまは痛くありません。

今年はマスターズ陸上に挑戦します。

 

元気なシニアになれるようサポートしていきたいですね。

 

つたない文章に最後までありがとうございます。

 

 

筋トレVSマラソンVSウォーキング

f:id:satotrainer:20200122111353j:plain

空き時間には本屋で情報を仕入れる
自称勉強家のトレーナーさとうです。

筋トレ、マラソン、ウォーキングは
三つ巴で流行ってますね。

手軽さゆえに落とし穴も、もちろんあるわけです。

先日クライアントを指導中にシニアの男性が
50m前方の公園の階段から頭から転落しました。

階段からおちるとなると「転げ落ちる」と思いますが
花壇の陰から頭から数メートル下に転落されました。

そばに同じような年齢の男性がウォーキングしてましたが
知らん顔をで歩き去っていきました。

若い連中がいたら動画で晒されていたでしょう。

すぐに駆け寄り状態確認。
痛みでうめいていて声をかけるが応答なし。

顔や頭を打ったあとがあり右腕もおかしな状況。

クライアントに救急車の手配を頼むが
到着まで10分程かかった。

その間、5分ほどで意識が戻ったが
「ここはどこや?俺は何をしてるんだ?」
と、やばい状況。記憶も飛んで会話にならない。

落ちる前に脳のダメージがあったのかもしれない。

足腰を鍛えようとして階段昇降をしてみたが
足を踏み外して落下したのかもしれない。

健康のためやボディメイクや大会にでてみようと
何かしらの運動を始めるのはとても良いことだ。

f:id:satotrainer:20200122113538j:plain

しかし、手軽に始められるので
専門家から教えてもらうとか
動画や本をよくみて理解しながらやる!

あらかじめメディカルチェックをうける。

と、いうヒトは本当に少ないようだ。

私はトレーニングは主に
公共施設やスポーツクラブなどで指導する。

ちゃんと学んで実践しているなぁって人もいるが
多くの人は
「それはいったい何のトレーニング?」
というようなフォームで筋トレしている。

無理やり重い負荷でやって
ガシャンと大きな音をたてて
「どやっ!」って顔されても笑うしかない。

そんな奴ほどプロテインをこれ見よがしに飲んでいる。

レーニング後はゴールデンタイム!
ってのを信じているのだろう。

ちゃんとトレーニングできてれば
24時間から48時間は筋肉の合成が続いている。

なのでその間に蛋白質豊富な食事をすればよい。

またトレーニング中にも筋肉の分解合成があるので
レーニング前の一時間ちょっと前にプロテインを飲めば
丁度血中アミノ酸濃度が高くなる。

その間に強度が高いトレーニングを
1時間以内に終えるといいだろう。

まぁとりあえずは正しいフォームと方法を学ぼう。

ラソンもまだまだブーム。

どうやって調べるのか1千万人の愛好家がいるらしい。

ランナーのクライアントさんもいるので
あまり苦言は控えるが

ジョグノート(20年3月で閉鎖)をみると
まぁなんというか走行距離の競い合い。

月間に300km以上も走っているのに
レースに失敗すると
「走り込みが足りない」
なんて書いているのが目に付く。

足りないのは脳みそであって
走行距離ではない。

「走った距離は裏切らない」と
誰かが言った言葉を信じている人が多いが
それは誰かさんが若かった時期のこと

晩年は走った距離と高重量に頼った
間違った筋トレを続けたことで復活できなかった。

f:id:satotrainer:20200122120517j:plain

怪我をしたときは大人しく
怪我をする前よりも強くなるように
リハビリトレーニングにはげみましょう。

(写真の彼女はかつて女子サッカーチームの
主力であり回復する前にピッチにたったため
怪我の影響で引退した経緯があります。残念)

どこも痛くなくレースにでてるっていう
市民ランナーさんはいるのかな?
(適当に練習してでる人以外)


よく知人からある人が
ヘルニアになったとか疲労骨折で走れない!
助けてあげてくれませんか?

なんて言われることがある。

当然、本人から言ってこなければ受けない。

しかし、紹介者が引っぱってくることがある。
でもほとんどの人が
まず「素直でない!」人が多かった。

市民ランナーのクセに妙なプライドがある。

書いてたらキリがないが
趣味で筋トレでも散歩でも他のスポーツでも
こだわってやっている人は
ポリシーみたいなものがある。

まぁそれが正しいものなら怪我もしないのだろう。

間違ったことを思い込んでいる人は
素直にアドバイスをうけることはない。

まぁそれはスポーツしない人でもそうですが。

あとはランナーさんで目に付くのは食事のまずさ。

ヨーグルトとサラダをプラスすればOK!
みたいな人が多いかな。

男は酒、丼もの、スイーツ好き。

自分がみてきた中では女性で目に付いたのは
走行距離が多いわりに小食の人。

貧血もあって鉄タブを飲んでる人も多かった。

それでも痩せない!
と、嘆く人も・・・。

その理由は今度別に書いてみよう。

いわゆるランニング中毒ですね。

情緒も不安定になる。

離婚された人もいたなぁ。

と、書いていたらとりとめもなくなってきた。

まぁ何にせよ我流でガンガンやってたら
どこかで必ず躓くということですね。

わたしもいいトシですが
教える立場でもあり
教わる立場でもあります。

クライアントに良い指導と施術ができるよう
怠らないようにしています。

では、また。


カラダのケアは大切です。

f:id:satotrainer:20191203102442j:plain

ストイックな人なら
女子でもお腹を割らせる
トレーナーのさとうです。

フリーになってからは割と超熟女を
ご指導させて頂いておりますが
店舗時代は若い女性が多く

ガンガンやるのが希望な女子なら
お腹も割って頂いておりました。

いまはパーソナルジムや24時間ジムが
オープンラッシュですね。

 

ここまで流行る前にサッサとリタイヤ!

 

「もうやらないんですかぁ?」
なんて、しょっちゅう昔のお客さんから
メールをもらいますが気持ちはゼロですね。

 

さて、師走にはいりましたね。

まさしく走りの月です。
年末までレースにで元旦もレースや!
って人々のケアや練習をみることが増えてます。

 

「レース前だから体をみてください」
って人が圧倒的に多くて

 

じゃあレーズ後のケアにくるのか?
と、いったら日ごろ練習を見ている人以外
くることはないです。

レース前に依頼してくる人の中には
捻挫など怪我をしている人もいます。

f:id:satotrainer:20191203104216j:plain

基本アスリート以外は
怪我してレースに出る人は
診ない!と、いってあります。

なのでテーピングなど処置した後に
「これで明日のレースは頑張れる!」
なんて騙す人もおられるのです。

f:id:satotrainer:20191203104538j:plain

市民ランナーさんでも
趣味でフットサルやママさんバレーなど
頑張っているんだけどよく怪我をするって人は
「足指はじめ足のコンディションがよくない」

外反母趾、内反小趾、その他の指の変形、
水虫、踵ガサガサ、足首の動きの悪さ
など等・・・。

写真はまだましのほうかな。

多くはシューズのせいもあり
もともと動かない筋肉があって
血流も悪いようですね。

動画のようにパートナーの足の指に
自分の手の指を食い込ませ
「クルクル大きくゆっくり」回してみてください。

www.youtube.com


足に問題がある人は
解れるまでかなり痛いでしょう。
そのあとは足が軽くなります。

お試しを!

 

少ない練習で大きなな効果を得たい!

f:id:satotrainer:20191129114800j:plain

フリーで飛び回るトレーナーのさとうです。

 

ラソンシーズンになり毎週日曜は
そこらじゅうでレースが開催されていますね。

 

クライアントさんも市民ランナーさん達がいるので
週に2~3回のペースでトレーニングやケアをしています。

 

「沢山走らせるのでしょう!」って?

 

30歳以上のシニアランナーさんで
ほとんどが主婦ですので
私が完全に管理している人は

 

レースがない月なら100km前後でしょうか。

走る人でも150km以内かもしれません。

最初は依頼してきたときはそれこそ
毎日1時間以上走っておられる人が多く
どこかに痛みを抱え
タイムがどんどん落ちていくとか
思うように走れない!
って人ばかり・・・。

ランニングは手軽に始められて
初心者の頃はやればどんどん走れるようになって
レースに出れば見知らぬ沿道の人が応援してくれる。

 

ゴールすると声援とともに
なんといえない最高の気分。

 

で、すっかりハマる人が多いんですね。

 

で、少々足が痛くても体調が悪くても
走ると痛みが消えたり
汗をかくことでスッキリしたりする・・・。

 

でも段々ダメージが蓄積していき
ついには・・・

と、いうことでご依頼してくれるわけですね。

 

ご依頼頂くとケアとともに
衰えてる筋肉を鍛えていき
強くなってくると様々なエクササイズを
短い休憩でどんどんこなしていきます。

f:id:satotrainer:20190610125247j:plain


走る時間は15分から30分。

たまに1時間くらいを個人のレベルにあわせて
内容を指示して走って頂きます。

なるべく階段やアップダウンのあるところ。

クロスカントリーのような
芝や土のところがあればそこを選びます。

指示を守らず距離を求める人は
自然と離れていきますので
楽なもんです。


沢山走ってマラソンの練習をするよりは
カラダの隅々まで動かせるように
エクササイズしながら短い時間で
効率よく走った方が
シニアには安全でパフォーマンスも
上がっています。

 

では、続きは次回。

走られたあとはせめてこのような
セルフケアをしてみましょう。

じっくり体重をかけて
ふくらはぎを解してみてください。

 

www.youtube.com
当方Facebookページはこちら

https://www.facebook.com/satoconditioning

 

 

健康で元気な人をつくりたい

 

f:id:satotrainer:20191126113519j:plain

思うところあり!
で、過去のブログを削除して仕切り直し。

 

運動で痛みのないカラダをつくる
トレーナーのさとうです。

 

空前のフィットネスブームで
ここ三重県でもトカイナカ(都会のような田舎)の
市を中心にジムのオープンラッシュです。

一時は老人ホーム化したスポーツクラブですが
フィジークコンテストなどが浸透してきたお蔭か
若者の筋トレ参入が増え24時間ジムやパーソナルジムが
乱立してますね。

 

フリーの私は公共施設や個人宅を中心に活動しています。

 

公共施設の中には施術やパーソナルトレーニング指導の
制限やとてもお粗末な施設もあります。

 

先日はオープンから20年以上も利用してきた某公共施設が
「ご利用者間の指導をお控えください」という旨の
張り紙を貼られ、活動場所が減ってしまいました。

 

なにやら他の利用者さんから苦情がでたらしい。

 

こちらはマナーを守り使用後の清掃をきちんとして
クライアント以外の人でマシンの使用の仕方が
分からない人にちょっとアドバイスしてただけに
残念ですが争う気もないので
ご理解いただけないなら他へ移るだけですね。

 

まぁ、にわかトレーナーも増えてるので
マナーの悪い人もいるのでしょう。

 

私はもともと治療系のトレーナーであり、
怪我や腰痛などの改善やシニア対象なので
高重量で青筋立ててトレーニングしている人は
いない。

 

f:id:satotrainer:20191126115819j:plain

どんなところもジム化させて
サービスを提供いたします!

 

さて、前述のとおり世間は筋トレブームであり
同時にマラソンはじめ卓球やフットサルなど
趣味のスポーツをやっている人も多いのですね。

 

ラソンはアスリート並みに毎日10km以上走る人や
卓球を4~5時間毎日やる人も珍しくない。

 

現役時代からそうしているのか?

と、思ったらそうではなく

30歳以降、40、50,60歳すぎてから
始めている人の方が多く
それなのにアスリート並みの
量を(質ではない)練習している人が
沢山おられるのにはビックリだ。

自分は週3回くらい30分以内

f:id:satotrainer:20191126120758j:plain

公園などでこのように
動物の動作を模倣したエクササイズをまったりやってます。

このような運動を主にクライアントに提供しています。

 

スポーツに一所懸命に励むクライアントさんの体をみると
それはそれは大変だなぁ・・・って思います。

圧倒的異常が多いのは
足ですね。
足の指が自由に動かない(グーパーできない)
踵から足首の歪み等々・・・。(踵が内や外に向いてる)

 

そんな状態でスポーツを始めるのだから
常に怪我と背中合わせなんですね。

f:id:satotrainer:20191126121401j:plain

(写真は店舗経営時代)

 

カラダをケアしてスポーツを楽しむ!

と、いう概念は一般の人には

なかなか浸透しにくいことでしょう。

とはいえ
ランナーさんでどこも痛くない!
って人は少ないでしょう。

趣味で怪我して保険を使って
医療機関にかかるというのはいかがなものか?

 

それと慢性化してしまうと
保険治療は通院期間に制限があるし
施術も患部だけになるので
思うようにはよくならないでしょう。

 

お分かりですね?

安静を求められたりするしね。


怪我や故障を防いでスポーツを楽しもう!
と、いうことで
様々なエクササイズを提供しています。

www.facebook.com


それでは今後も役立つ情報を
短いサイクルでアップしていきます。

よろしくお願いします!